社会福祉法人丸 オービーホーム
  • 078-706-9488 受付時間
  • ホーム
  • 法人概要
  • サービス案内
  • 事務所案内
  • 採用情報
特養&ショートステイ

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、
ショートステイ(短期入所生活介護)とは?

特養&ショートステイサービスの概要

特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設)とは、ご利用者の有する能力に応じ、可能な限り自立した日常生活を営むことが出来るように支援することを目的として、居室及び共用施設等を提供している施設です。食事や排泄の介助など様々な日常生活の援助とともに、各種レクリエーションなども実施しています。

介護を中心としており、服薬の管理などは可能ですが、医療的なケアを受ける場合は、通院または入院が必要です。常時の介護を必要とし、かつ在宅での生活が困難な中重度の要介護者を支える施設としての機能に重点化するため、原則要介護度3以上の高齢者が対象です。

ショートステイでは、緊急時、あるいは定期的に、要介護者が短期間入所し心身の機能の維持を目的とした支援を受けます。在宅で介護にあたっているご家族の身体的・精神的負担の軽減も期待されます。要介護度1以上の高齢者が対象です。

オービーホームの特徴

ご自身の生活スタイルに合ったサービスを選べます

オービーホームでは、本館と新館で異なる2つのサービスを展開しております。
サービスをご利用いただく皆さまの生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

オービーホーム 本館(従来型サービス)

本館(従来型サービス)の特徴

ショートステイは個室です。 日中はホールにて食事やレクリエーションをお楽しみください。お風呂は大浴場と特浴です。

オービーホーム 新館(ユニット型サービス)

新館(ユニット型サービス)の特徴

特養・ショートステイ共に広い個室のユニット型サービスです。日中は各ユニットのリビングに集い、食事やレクリエーションをお楽しみください。お風呂は個別浴と特浴があります。

介護はチームワークです

それぞれのオービーさんのそれぞれのゴールに向かい、多職種共同にて支援します。

例えば、排せつ自立について

排せつ自立を目指す場合、ご本人の希望、様態に合わせ、委員会などでの検討を重ねて介護職・看護職が一体と成り慎重に進めます。そんな中から出てきた一つの回答は、みな同じオムツではなく、看護職と共にそれぞれの方の尿量チェックなどから最適なパット等を選択し、快適にお過ごし頂きながら自立を目指すことでした。

例えば、褥瘡について

「オービーホームに来て褥瘡が治った!」とのご家族の感想も頂いています。入浴や清拭、状況によりご家族と相談の上、栄養補助食品を使用します。医師の指示のもと、看護師と共に日々の褥瘡予防を行っています。
(状態によっては、ご家族のご協力の下、皮膚科や形成外科の受診や往診を行います。)

こうした日々の連携を強めることにより、オービーさんの生活を支援します。

例えば、医療との連携について

オービーホームは医療との連携にも、しっかりとした力を入れています

オービーホームでは、以前より「看取り介護」を行っています。オービーさん、ご家族の意志を尊重し、大切な看取りの時を最大限に支援します。

また、嚥下障害のある方にも、口から食べる楽しみを!

医師、看護職、相談員、ケアスタッフが共同して、現在の嚥下状態を確認し、最適な食事形態を決定します。口腔ケアも積極的に取り組んでいます。

医療との連携が強いオービーホームならではの、充実した環境です。

多彩な行事や各種クラブをお楽しみください

オービーホームには楽しみがたくさんあります。
スタッフはもちろん、多数のボランティアさんにも熱心にご参加いただき、日々のレクリエーションを皆で作り上げています。
アットホームな雰囲気でご好評いただいております。

毎月の(定期の)お楽しみ、各種ボランティア(団体・個人)の訪問、出し物披露など

  • ◆ カラオケ(毎週日曜日)
  • ◆ ポンポン体操で健康に(毎週月曜日)
  • ◆ 音楽教室(毎週木曜日)
  • ◆ ヨガ教室(第2、第4金曜日)
  • ◆ 陶芸クラブ(第1、第3水曜日)
  • ◆ ホーム喫茶(第1、第3日曜日)
  • ◆ 手芸クラブ(第2、第4火曜日)
  • ◆ 移動スーパーで買い物(第4水曜日)
  • ◆ 大画面で映画上映会(月に1回)

オービーホームは様々な行事(イベント)や、各種クラブが多い!

施設・居室のご案内

本館(多床室&従来型個室)

4人または2人の 相部屋です。
(4人部屋:10室、2人部屋:5室)

壁を兼ねた扉で室内を仕切り、プライバシーに配慮した居室として改修されました(平成30年3月末)。
扉には半透明の窓を付け、採光性も確保しています。

ショートステイは、従来型の個室です。(10室)

医務室、静養室があり、病気の場合はお部屋を移動して頂くこともございます。

大浴場と特浴があります。様態に合わせて選びます。

部屋から大きな庭が望め、四季折々の風景が楽しめます。

新館(ユニット型個室)

ゆったりとした大きな個室です。(3階:特養20室、2階:ショートステイ20室)
特養の各部屋には、使い慣れたご自身の家財道具を持ち込んで頂く事も可能です。

各フロアに1つ、リビングとは別に集いのスペース(画像右)があります。
また、2階フロア中庭にはお茶会に最適なウッドデッキスペースもあります。

医務室(看護師室)が有ります。

プライバシーを保てる個浴です。
本館と同様の 特浴機 を備えた 特浴室も 有ります。

4階には広い地域交流スペースがあり、大スクリーンでの映画上映会などの各種イベントを行っています。

オービーさんの一日

入居される際には、突然の大きな変化によるストレスを最大限抑えるように心がけ、
これまで通りの生活スタイルでお過ごしいただけるよう細かな配慮を心がけております。

  • 起床
    個別ケアを大切にしています。
    ご自身のペースでご起床ください。
    朝食
    基本はパン食
    (食パン・菓子パン・丸パンなど様々)です。
    状態やご希望により、ごはん食も調理致します。
    厨房で調理した和朝食の日も有ります。
  • 朝の健康チェック
    看護師が血圧管理や体温チェックなど基本的な健康チェックを行います。気になること不安なことなど、何でもお気軽にご相談ください。
    お風呂
    大浴場での入浴です。気の合ったもの同士、温泉気分で大きな浴槽で寛げます。お風呂専任のスタッフが、お部屋から出て整容して戻ってくるまでずっと付き添いますので、気軽にご入浴ください。
    トイレ
    オービーさん個々人の要求を大切に誘導いたします。排泄委員会での検討とフォローを通して、オービーさんが快適に過ごしていただける様に努めています。
  • 昼食
    ごはんやみそ汁などのお汁物まで全て厨房で調理し、厨房職員が盛り付けし、レストランの様な形で全て配膳されたトレイを、スタッフがお席までお配りします。出来立てをどうぞ!きざみ食、ソフト食、ペースト食 など、それぞれの嚥下状態に合わせて提供しています。体調がすぐれない場合などは個別に対応いたします。
    食事については、毎月の、NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)会議、栄養会議、食事委員会議の 3つの会議体で様々な角度から決定いたします。
  • 自由時間
    ヨガ教室、音楽教室、移動スーパーなど、様々な催しやレクリエーションに参加して頂くもよし、お部屋でゆっくりお過ごしいただくもよし。
    ポンポン体操等を取り入れ、日常生活においても楽しくリハビリができるように支援します。
  • おやつ
    毎日提供しています。
    お正月にはお茶会のお供に生菓子をお出しし、夏にはかき氷屋台が登場します。その他、ゼリーや蒸しパン、焼き菓子など季節のフルーツも取り入れた厨房特製おやつも毎月あります。
    リハビリ
    生活機能の維持向上を目的として、日々の生活の中で無理なく続けていただけるようなリハビリを進めています。オービーさん一人ひとりに合わせメニューを決定します。
    スタッフと楽しく笑いながら気長に進めましょう! 
    回診
    先生との連携の良さもオービーホームの特徴です!
    空いた時間はテレビを見たり散歩したりなど、ご自身の予定、余暇に合わせて お過しください。
  • 夕食
    昼食と同じく、管理栄養士がオービーさんのために考えた献立を、全てホーム内で お作りしています。

    就寝に備えて口腔ケアを行います。

  • 就寝
    ご自身のペースで自由にお過しいただけます。
    (明かりを低く落とすことはございます。)
    朝までぐっすり眠れるよう、それぞれの状態に合わせて、おむつの調整やお手洗いまでの誘導をいたします。

それではオービーさんおやすみなさい・・・

オービーホームの年間行事はこちら

入居される際には、突然の大きな変化によるストレスを最大限抑えるように心がけ、
これまで通りの生活スタイルでお過ごしいただけるよう細かな配慮を心がけております。

  • 起床
    個別ケアを大切にしています。
    ご自身のペースでご起床してください。
    朝食
    基本はパン食
    (食パン・菓子パン・丸パンなど様々)です。
    状態やご希望により、ごはん食も調理致します。
    厨房で調理した和朝食の日も有ります。
  • 朝の健康チェック
    看護師が血圧管理や体温チェックなど基本的な健康チェックを行います。気になること不安なことなど、何でもお気軽にご相談ください。
    お風呂
    個人浴です。
    お風呂専任のスタッフが、お部屋から出て整容して戻ってくるまでずっと付き添いますので、気軽にご入浴ください。
    トイレ
    各ユニットに個室トイレがあります。
    排泄委員会での検討とフォローを通して、オービーさんが快適に過ごしていただける様に努めています。
  • 昼食
    ごはんは各ユニットで炊き、厨房から届いたおかずは、スタッフがオービーさんの目の前で盛り付け配膳します。出来立てをどうぞ!
    きざみ食、ソフト食、ペースト食 など、それぞれの嚥下状態に合わせて提供しています。
    体調がすぐれない場合などは個別に対応いたします。食後は口腔ケアをケアスタッフと行います。
    食事については、毎月の、NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)会議、栄養会議、食事委員会議の 3つの会議体で様々な角度から決定いたします。
  • 自由時間
    ヨガ教室、音楽教室、移動スーパーなど、様々な催しやレクリエーションに参加して頂くもよし、お部屋でゆっくりお過ごしいただくもよし。
    ポンポン体操等を取り入れ、日常生活においても楽しくリハビリができるように支援します。
  • おやつ
    毎日提供しています。お正月にはお茶会のお供に生菓子をお出しし、夏にはかき氷屋台が登場します。その他、ゼリーや蒸しパン、焼き菓子など季節のフルーツも取り入れた厨房特製おやつも毎月あります。
    リハビリ
    生活機能の維持向上を目的として、日々の生活の中で無理なく続けていただけるようなリハビリを進めています。
    オービーさん一人ひとりに合わせメニューを決定します。スタッフと楽しく笑いながら気長に進めましょう!
    回診
    先生との連携の良さもオービーホームの特徴です!
    空いた時間はテレビを見たり散歩したりなど、ご自身の予定、余暇に合わせてお過ごしください。
  • 夕食
    昼食と同じく、管理栄養士がオービーさんのために考えた献立を、全てホーム内で お作りしています。

    就寝に備えて口腔ケアを行います。

  • 就寝
    ご自身のペースで自由にお過しいただけます。
    (明かりを 低く落とすことは ございます。)
    朝までぐっすり眠れるよう、それぞれの状態に合わせて、おむつの調整やお手洗いまでの誘導をいたします。

それではオービーさんおやすみなさい・・・

オービーホームの年間行事はこちら

ショートステイについて

ショートステイでは、緊急時、あるいは定期的に、要介護者が短期間入所し心身の機能の維持を目的とした支援を受けます。在宅で介護にあたっているご家族の身体的・精神的負担の軽減も期待されます。要介護度1以上の高齢者が対象です(介護予防短期入所では要支援1・2)。

介護サービスの内容については、特養と同じです。

ショートステイのお持ち物について

1.お薬

内服薬、塗り薬、目薬、湿布など、サービスご利用の日数分をお持ちください。

※当施設は医師が常駐しておりませんので、お薬の処方・医療処置を行うことが出来ません。

2.保険証類

  • ・介護保険被保険者証
  • ・介護保険負担限度額認定証(お持ちの方のみ)
  • ・後期高齢者医療被保険者証(健康保険証)

※原本のお預かりは出来ませんので、必ずコピーをお持ちください。

3.日用品

必ずお持ちいただくもの オービーホームで用意するもの
歯ブラシ・入れ歯関連グッズ・髭剃りなど
個人でしか使用できない衛生用品
紙おむつ・タオル類・コップ類
ご利用中の衣類

※お持ち物に必ずお名前の記入をお願いいたします。
※金銭、貴重品などのご持参はご遠慮ください。

4.衣類

サービス利用中の衣類は、原則 貸し出しています。
(肌着・パジャマ類もご用意出来ます。)
私物を持込される場合は、紛失などを防ぐため必ずお名前の記入をお願いいたします。

その他注意点について

ご利用中に病院受診などが必要になった場合、病院への送迎を含め、ご家族にて受診の付き添いをお願いいたします。ただし、緊急を要する場合はこの限りではありません。 入居当日、ご本人の体調が優れない場合は入居をお断りする場合がございます。 まずは、当施設までご相談ください。

ショートステイのご利用料金について

法制度改正について
平成27年度の介護報酬改正に伴い、平成27年4月1日以降の料金が改定となっております。

1.基本料金(1割負担の場合、1日あたりの目安)

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
本館
(従来型個室)
632円 723円 796円 867円 936円
新館
(ユニット型)
767円 837円 913円 983円 1,054円

2.居住費、食費 負担額(1割負担の場合、1日あたりの目安)

要介護度 項目 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
本館
(従来型個室)
居住費 320円 420円 820円 1,150円
食費 300円 390円 650円 1,380円
新館
(ユニット型)
居住費 820円 820円 1.310円 3,000円
食費 300円 390円 650円 1,380円

ご留意点

上記に、各種加算料金やその他の必要となる料金を合わせたものがご利用料となります。 詳細は、お気軽にホームまでお尋ねください。

職員・スタッフ紹介

ホーム長からのコメント

高齢者の皆様が少しでも長く住み慣れた町でその人らしい生活を送って頂ける様にお手伝いさせて頂きます。
オービーホームでは、ご利用者様の事を、人生の先輩と言う意味を込めて皆様「オービーさん」とお呼びしています。また専門のスタッフが、お一人お一人の生活に沿ったプランを立てケアさせて頂きます。
ご家族と共に支え合い、看取りケアに至るまでお世話をさせて頂いています。

特別養護老人ホーム オービーホーム 施設長  片岡 真理

職員・スタッフ紹介

特養相談員:長坂 慎太郎

 オービーホームの施設理念 “人生の先輩として常に尊敬の念を持ち、一人一人の性格やその人が身につけてきた生活習慣を大切にした処遇を心がけ、最善の努力を払います。” をいつも心に、介護・看護職員等が協力し、施設においてもその方らしい生活(個別ケア)を送って頂けるよう全力で取り組んでいます。
 施設見学を随時行っています。お気軽にご連絡ください。

ショートステイ相談員:森口 正和

 ショートステイは、要介護者のためのサービスであると共に、介護者であるご家族のためのサービスだと考えてます。ご家族の体調不良や、旅行・冠婚葬祭などで不在の時はもちろん、介護を一休みしたいという時にも利用することで、日頃、介護のために疎かになりがちな自分の時間を持つ事が可能です。
 施設は、従来型とユニット型 2種類のタイプをご用意しており、その方に合ったお部屋を選んでいただけます。
 また、特養部門の一部として運営していることで、将来的に特養への入所を考えているような方には施設生活の練習という意味でもショートステイをご利用していただけます。
 在宅生活の困りごとから何でも、お気軽にご相談ください。